写真や画像・印刷物の色を補正するためのモニターについて

まず、写真をどこに活用するのかによっても着地点が違ってくる

実際、写真にするのか、自宅でプリントするのか印刷物にするのかWeb上で使うのか…..などなど様々だと思う

その使用目的によって適正が違うので、当然補正の仕方も変わってくる

そして色や濃度をいじるためには、基準カラーは?ということを意識しておきたい

 

calibration

〜〜項目〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

◆1、モニターや環境によって色は全然変わる

◆2、カラー設定をしてない場合の対処法

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

スポンサーリンク

 

◆1、モニターや環境によって色は全然変わる

まず、色や濃度などは、見ているモニター環境プリントするならさらにその用紙の色乗り質感、そして自分や人それぞれの感覚・体調によって全く変わってくることを頭に入れておかないと

なにこの色!?

ってことになりかねない……….

 

それら含めると、いい色、適正、って果てしなくソレゾレ…..でも、それだと写真業界、印刷業界はお手上げになるので、

ある程度の基本・基準を作りましょうということになっている

それを揃えるための キャリブレーション適用モニター”と、色を整えるためのキャリブレーション” がある

キャリブレーション 【calibration】
計器目盛り正しく調整すること。
規格基準整合するよう電子回路調整すること。また,それに使用する基準媒体。スキャナー・ディスプレー・プリンターの色調整などにいう。

より引用

 

つまりここでは
モニターの色合いを基準に合わせて調整する専用のツールのことです

【国内正規代理店品】X-rite エックスライト モニタキャリブレーションツール ColorMunki Smile カラーモンキー・スマイル KHG0100-SM

新品価格
¥13,153から
(2016/4/1 15:59時点)

【国内正規代理店品】X-rite エックスライト ディスプレイキャリブレーションツール i1Display Pro アイワン・ディスプレイプロ KHG1035

新品価格
¥33,348から
(2016/4/1 16:00時点)

 

それらを使って

写真や画像を補正するスタッフのモニターと印刷屋さんのモニター焼き増し屋さんのモニター色を揃える必要があります

その共通カラー設定を基準に展開していく

通常はこのカラー設定をしないと作業は難しくなるということを頭に入れておきたい

 

もっと言えば、カラーを同じメーカーのキャリブレーションで揃えるだけではなく、モニター自体も同じものを適用するのが本当は望ましい

 

あるカメラで撮った同じ写真を、Macのモニターで見たもの、Winのモニターで見たもの、スマホで見たものは、同じものとは思えないほど違う

なので、そのどれかのモニターを見ながら補正して画像の色を作った場合、

その同じモニターで見れば、同じように見えるかもしれない、、(その時の体調や見ている部屋の明かり、光源などによっても変わるけれど………)

でも、

種類の違うモニターでカラー設定もしてない状態で見た場合、ゾッとするほど違って見える

こうなっていると思っていた色が実は実際の基準設定してあるモニターだと全然違う色にしてたなんてあったりするということです…

そういった恐ろしい現象が起こってるかもしれいという意識が必要です笑

 

 

◆2、カラー設定をしてない場合の対処法

できれば上記のようにカラー設定をするのが望ましい
でも、そんなすぐツールを揃えられない場合もある

そういった場合、

カラーが思ったような色ではないかもしれないという意識と、

複数のモニターで確認してみること

が必要になってくる

つまり、

===============
印刷物にするなら仮で色校正まで必ずすること、
スマホ・Win・Mac、最低でもこの3つの画面で見てみることです
=================

それでも色にこだわりがあってギリギリのとこをつくカラー表現の場合は思ったようにいかない可能性が高いですけれど….

そしてWinよりはMacのリテナモデルの方が色味は見やすい

というか、Winのモニターだと厳しすぎるかもしれない…

 

なので、関わる関係者みんなMacリテナにする

というのもアリだと思う

 

最終的には

仕切っている依頼主がどこなのかによるということで、その仕切っている依頼者のモニター感覚・好みに合わせることができて、依頼者がOKならそれでいい

という割り切りも必要に思う

 

さらに、

キャリブレーションで整えたモニターなら大丈夫!同じに見える!ってわけではない笑

*モニターの種類、
*キャリブレーションの種類、
*キャリブレーションで合わせる時の環境

によっても結構変わる

だからもし、いつも同じクライアントさんがいるのであれば、その間でみんな同じのを同じような条件で揃えておくことが望ましい

 

特にカメラマンさんが印刷屋さんへ印刷物を依頼する場合、

“同じモニターで同じ色設定” が大事と思う

先々のトラブルを少なくするため、ある程度対策しておきたい部分だと感じます

 

では楽しいカラフルライフをば!

 

※このページのコンテンツは
フリー素材ではありません….

 

♥デザイン・画像加工・イラスト等承ります.
お気軽にご相談下さい♥

Rh.jam Project

 

 

スポンサーリンク

カマン❤︎ \(`^\(`^`)/^`)b

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 − two =