Illustratorで、トンボを引く(トリム作成)

印刷物の版下ファイル作成の場合、“トンボ”  が必要です

今で言う “トリム”  の事ですが、

印刷物を作る場合、その切り落とし部分に余裕を持たせ、白フチが出てしまったりしないようにする必要があったり、中心点や、真ん中線など、そういった “ガイド” が必要になってくる

それを作成しておく必要がある

昔は版下作成用の巨大なマシ〜ンで引いていたのですが、今はIllustratorで簡単にワンタッチでできてしまう

基礎中の基礎なのであえてここで書く必要もない気もするけれど、一応書いておきます………………..

トリム作成_3-min

 

トリム作成_2-min

 

トリム作成_2 3-min

 

◆ 例えば名刺作成の場合で、A4に作成する場合

ファイル>新規作成
ファイル>新規作成-min

 

新規ドキュメント(A4)
裁ち落としは3mm
新規作成-min

で、台紙が出来たら

 

長方形ツールで名刺サイズを作成
長方形ツール-min

 

パスの線と塗りの設定をしておく
(透明になるようにしとく)↓ツールバー-min

 

 

名刺サイズ作成
実寸サイズ-min

 

名刺サイズ引けた
名刺サイズ引けた-min

 

オブジェクト>トリムマーク作成
トリムマーク作成-min

 

 

トリム引けた
トリムマーク-min

 

 

オブジェクト>ロック>選択で、トリムマークを固定オブジェクト>ロック>選択-min
トリム完成-min

 

 

で、更に実寸のガイド線を引いておかないとわからなくなるので、引く
まず実寸のパスをクリック
実寸ガイドを作る-min

 

表示>ガイド>ガイドを作成表示>ガイド>ガイドを作成-min

 

 

実寸ガイドOK-min

 

 

で、そのガイドがずれないよう固定しときます
ガイドをロック-min

 

実寸ガイドOK-min

更に、
定規を表示させ、好きなようにガイドをつけて作業しやすいようにできる

表示>定規>定規を表示
表示>定規>定規を表示-min

 

下図のように、定規の部分からマウスでドラッグすると止めたところにガイドを引けますガイドを引く-min

 

 

ガイドは重ねても見えるので作業しやすい

ガイド見える-min

 

 

実際の線ではないので、実際には印刷されないので便利w

ガイドは出力されないのでOK-min

 

 

たった5秒くらいでできてしまいます

なんて素敵なんでしょううう

 

デザインに使う素材は、実際のサイズより余裕を持つことが必要
断ち切りののりしろ

 

そんなところです

では楽しいラクラクインドアライフをば!
※このページのコンテンツはRh.jampjのサンプルコンテンツです
フリー素材ではありません….



♥デザイン・画像加工・イラスト等承ります.
お気軽にご相談下さい♥
Rh.jam Project

 

 

スポンサーリンク

カマン❤︎ \(`^\(`^`)/^`)b

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three − 1 =